前へ
次へ

幼児に対する音楽教育で大切なこと

幼児はよく、どんな色にも染められる真っ白な布などに例えられます。
それだけ周囲の環境や教育が大切ということですが、近年は特にいわれる早期教育の重要性です。
例えばここ数年、日本の卓球選手の活躍は目ざましいです。
これは親が元卓球選手であることが多く、物心がつくかつかないうちから、ラケットを握らせた結果といえるでしょう。
同じことが音楽教育にもいえます。
例えばピアノやヴァイオリンで一流の演奏家になるには、3歳前後から始めないと困難とされています。
もちろん3歳から始めたとしても、全員が一流になれる訳ではありません。
ただ難関音楽大学に進学するだけでも、その年齢から技術を体に染み込ませないと間に合いません。
もちろん全員が音楽家を目指す必要はありませんが、音楽的素養があれば一生楽しめる趣味になります。
その点で大切なことは、幼児に音楽は楽しいと思わせる指導でしょう。
そのためにはまず遊びながらリズム感を養うことが必要です。
自然なリズム感は子供のうちでないと、なかなか身に付きません。
大人から楽器を始めた人の演奏が何となくたどたどしいのは、リズム感に乏しいのが大きな原因です。
大手音楽教室の幼児レッスンに定評があるのは、知らず知らずのうちにリズム感を育てるカリキュラムが貢献しているからです。

軽くて丈夫なランドセルを大阪からご提供
これから1年生になるお子様に最適の1品に仕上げました

高齢化社会を支える兵庫の医療法人
介護・看護の部門を強化しております

国家試験合格を支える専門学校
看護の未来を支えるためにも当校でしっかり学んでください

大阪の老人ホーム発展に勢いを与える人物
籔本雅巳は新しくそしてより快適な老人ホームを設営してまいります

Page Top