前へ
次へ

普通の計算問題はできるが文章問題が解けない

算数や数学は日常生活でも結構使っています。
四則計算はもちろん使いますし、関数なども知らないうちに浸かっていることがあります。
学校の授業においては公式などを教えてもらうので、それに当てはめると解答することができます。
何度も問題を解いていれば公式が身につくようになるでしょう。
算数や数学の問題の出され方として、単純に数字や式などで出されるときと文章問題で出されるときがあります。
文章問題は日常生活などを例に出し、リンゴとミカンの数を足したらどうなるかなど一見わかりやすそうに感じます。
足し算や引き算レベルならわかっても、複雑な文章問題になると解けなくなる子が結構いるようです。
文章問題は算数などの能力の他に文章を理解する国語力も必要になります。
いくらその問題を解ける公式を知っていても、文章が理解できないとどの公式を使えばいいのかわからず結局答えが得られません。
算数などの成績があまり上がらないとき、国語力を見直すことで改善できるときもあります。

Page Top